細菌性膣炎の上手な予防法

 

膣の内部にある膣液というのは本来は適正な酸性を保っています。
この酸性の膣液が少なくなってしまうことによって、バランスが崩れてしまうようになります。
そして炎症を起こしてしまうことになるのです。

 

そこで、細菌性膣炎を予防するためには、まずは膣内に無くてはならない酸性の液を除去しすぎないようにしなければなりません。
頻繁に性交渉をしたり、お風呂で洗浄しすぎてしまうようになると、次第に酸性の液を除去してしまうことになります。
つまり、本来必要なバリア機能を著しく低下させてしまうようになるんですよ。

 

膣内で膣の炎症を防ぐための酸性の環境が変化してしまうと、細菌が膣内に入ってしまっても、炎症を起こしやすくなってしまいます。
そのため、膣の洗浄をするとしてもある程度の限度があるということを忘れないようにしてくださいね。

 

とにかくきれいに洗浄する!
そのように過度の洗浄をしてしまうと、むしろ細菌性膣炎を発症しやすくなってしまいますよ。

 

また、妊娠中に細菌性膣炎は発症してしまった場合には、少しでも早く医療機関でしっかりと正しい治療を受けるようにしましょうね。
細菌性膣炎を発症しやすくならないように、しっかりと注意しておくようにしましょうね。